スペシャル

  • DUNLOP GALAXY
    DUNLOP GALAXY

    パワーとコントロールを兼ね備えた、低価格のパデルラケット

    ¥ 12,090 ¥ 21,090

トップセールス

情報

<基本的なルール>

· ポイントの数え方はテニスと同じですが、パデルは2人対2人のダブルスのみでプレイします

· 1試合3セットの2セット先取

サーブ

パデルではテニスと同様、ペアの一方のプレイヤーがサーブを打つことでゲームが始まり、2回までサーブできます

〈1〉サーブの仕方は以下の通りです。

a)サーバーがサーブできるスペースはサービスラインの後方で、センターサービスラインの仮想延長線を超えない範囲です。
b)ボールを一度バウンドさせてからアンダーハンドで対角側のサービスコートに入れます。
c)サーブする時、サーバーの足がサービスラインとセンターサービスラインの仮想延長線を踏まないようにします。
d)サーブの時、プレーヤーの一足が地面についていなければなりません。

〈2〉打ったボールはネットを越え、相手のサービスエリアでワンバウンドしてからレシーバーが打ち返すことができます。

〈3〉サーバーはレシーバーがボールを受ける準備ができていない間に、サーブを行ってはいけません。

サーブフォルト (サーブ失敗)

〈1〉相手のサービスエリアにボールが入らなかった場合。

〈2〉相手のサービスエリアにボールが入り、バウンドしたボールがフェンス(金網)に当たった場合。

サービスレット(サーブのやり直し)

サーブで打ったボールがネットに触れた場合

〈1〉ネットやポストにボールが触れた後でも、相手のサービスエリアに入り、2バウンドする前にフェンスに当たらなかった場合はサービスレットとなり、もう一度サーブが打てます。

〈2〉ネットにボールが触れた後、相手のサービスエリアに入らなかった場合はサーブフォルトになります。1ポイントで2度サーブが打てる中、1回目のサーブでレットであれば、もう2度サーブが打てます。 2回目のサーブの時、レットであれば、もう1度サーブが打てます。

失点するシチュエーション

〈1〉打ったボールがネットにかかり、相手コートに入らない場合

〈2〉ボールを打ち返す際、1バウンド以上した場合(ただしノーバウンドは可)

〈3〉打ったボールが相手コートのガラスもしくは金網にノーバウンドで当たった場合

パデルの特殊ルール

〈1〉コートに入ったボールが1バウンドし、ガラスまたは金網に当たった際、ボールが空中に浮いてる間は相手コートに打ち返すことが可能

〈2〉壁を利用し、相手コートに打ち返すことが可能

                                            (JAPAN PADEL ASSOCIATIONより引用)