・パデルとは?

パデルPadel)は、1980年代から競技者人口が増え始めたラケットスポーツで、スペインはじめポルトガルやイギリス、またアルゼンチン、メキシコ、ブラジル、カナダ、ウルグアイ、そしてチリなどの国々で、パデルがスポーツとして発展を遂げています。近年、アメリカ合衆国へ広まりつつあります。また最近になり、日本にパデルコートが次々に建設され始めています。

・パデル人気の3つの理由

1.パデルコート

・パデルコートは強化ガラスまたはコンクリートの壁で囲まれており、その壁を利用してプレーができます。そのため、初心者でもラリーが続きやすい!ラリーはテニスの3、4倍は長く続きます。

・パデルコートはテニスコートの約半分、その上必ずダブルスでプレーするので、テニスのようにコートを走り回って、すぐに体力が消耗してしまうということがありません。

初心者・子ども・年配の方にも大変優しいスポーツです。

2.パデルラケット

・テニスラケットに比べて柄が短くボールを打ちやすい

・ラケット面がガットではなく木の板なので、どの部分に当たってもボールがまっすぐ飛びます!

パデルラケットのデザインは、テニスラケットに比べてデザイン性があります。

3.パデルルール

・サービスは必ずアンダーサーブで腰位置より下で打ちます。テニスのようにサービスでダブルフォルト連発!!ということがありません。

・壁を利用して相手に打ち返す際、ボールの滞空時間が通常よりも長いので、相手により強く打ち返すことが可能です。